くらたクリニック

お電話でのお問合せ
0942-35-5543
  • 福岡県久留米市長門石1-5-32
  • 内科
  • 小児科
  • 訪問診療

24時間ネット受付

くらたクリニック

MENU

おねしょ外来Bedwetting

おねしょ外来(夜尿症)

おねしょ外来

当院では小児腎泌尿器科の専門科による診療を行います(要予約)

幼児期を過ぎても夜間、睡眠中に無意識に排尿することを夜尿と言います。幼児期は「おねしょ」と呼ぶことが多いのですが、5~6歳を過ぎた頃からは「夜尿症」として診療の対象とします。小学生でおねしょをする子どもは10人から20人に1人いると言われており、本人は人知れず悩み、自信を無くしていることも少なくありません。

原因と治療方法

夜尿の原因は大きく分けて、夜間尿量の増加と夜間膀胱容量の減少の二つです。すなわち、夜、寝ている間のおしっこの量が普通より多すぎるか、夜、寝ている間に膀胱に貯められるおしっこの量が普通より少なすぎるか、あるいはその両方ということです。したがって、治療としては、夜間尿量を減らすこと、および夜間膀胱容量を増やすこと、ということになります。前者には、抗利尿ホルモンが有効であり、後者には、夜尿アラーム、抗コリン剤などが有効です。なお、頻度は少ないのですが、夜尿症の中には、膀胱や腎臓などの器質的な異常が原因となっていることがあります。

夜尿アラーム:おねしょを知らせるブザーで、尿が出ると「ピッ、ピッ」という電子音で知らせる装置です。睡眠中の膀胱容量を増やし、尿意により起きやすくする効果があります。

おねしょ治療の3原則

以下、3原則になります。

  • 1.焦らず
  • 2.怒らず
  • 3.起こさず

焦ってもすぐに治るものではありませんし、お子様を怒ってどうにかなるものでもありません。むしろ、ストレスがかかって、おねしょが治るのが遅れる原因になることさえあります。

また、夜中にむやみに起こすのは熟睡を妨げるため、お子様の成長にとって好ましくありません。とは言え、おねしょは病気ではないのだから放っておいても自然に治るとばかり、何もせずにただ日が経つのを待っているのも感心しません。現在は、昔と違って、おねしょに有効な治療法がありますので、夜尿症外来で生活指導および適切な治療を受ければ、早く治せます。

さらには、放置しておいて知らない間に治っていたという場合に比べて、自分が頑張っておねしょを治したという経験は、お子様にとって自己達成感が得られ、お子様の自信に繋がります。実際、治療によって症状が改善すると、自分に自信がもてるようになり、性格的にもみるみる明るくなっていくことが多いものです。

初診の方で診察の事前申込をご希望の方はこちら
医療法人けやき会 くらたクリニック
医療法人けやき会
くらたクリニック
  • 内科
  • 小児科
  • 訪問診療
〒830-0027
福岡県久留米市長門石1-5-32
お電話でのお問合せ
0942-35-5543
午前
午後
  • 午前 ... 09:00-13:00
  • 午後 ... 14:30-18:00
  • ... 19:00まで
  • 休診日:
    木曜午後、土曜午後、日曜、祝日